コラム

画像認識AIによるパン・ベーカリー業界成功事例

■本事例の概要

画像認識AI(人工知能)とPOS(ポイント・オブ・セールス:販売時点情報管理)を導入し、パン・ベーカリー業界の人材不足、教育時間短縮、顧客満足度向上を実現した事例です。

■経営課題

パン・ベーカリー業界の店舗販売現場では、少子高齢化による人材不足が深刻化してきました。パートやアルバイトを採用しても100種類以上もあるパンの名前をすぐには覚えられず、レジ処理に時間がかかるため会計待ちの行列ができる状況でした。その結果、お客様から不満がでたり、通勤時間やランチタイム、帰宅時間などの繁忙時には並ぶことを嫌がるお客様が他店に流れ機会損失が発生したりしていました。時にパートやアルバイトがパンの種類を間違えるなどして合計金額が合わないというクレームも起きていました。こうした状況を改善し、サービスを向上するための教育に、時間と労力とコストが掛かるなどの経営課題がありました。

AI導入(課題解決)

パンの画像認識AIを導入しました。これは、お客様が複数種類のパンを載せたトレイをカメラの下に置くと、トレイの上のカメラがパンの種類を自動判別し、価格・数量、購入金額を自動的に計算することができるPOS連動側のシステムです。

■経営効果

画像認識AIを導入したことで、パートやアルバイトのレジ処理能力が劇的に向上し、会計待ちの行列がなくなり、お客様の不満が解消しました。
同時に他店へお客様が流れてしまう機会損失も少なくなり、購入金額の間違いなども激減しました。
パート・アルバイトに対する教育時間の短縮化が進み、誰もがレジ処理をできるようになったことで人材不足の解消につながっています。

■好事例のポイント

1.画像認識AIの導入によって誰でもレジ処理ができるようになり人材不足の解消につながった。

2.100種類以上のパンを覚える必要性がなくなりパートやアルバイトに対する教育時間の短縮化につながった。

3.画像認識AIのおかげで会計時間とレジ待ち時間がともに短縮化し、顧客満足度が向上した。

4.POSとの連携で売れ筋や死に筋分析が的確にでき経営効果が向上した。

 

以上が画像認識AIによるパン・ベーカリー業界成功事例です。